コンポラ

マチュ・ピチュの歴史保護区 (ペルー)









動画  
 

   
世界遺産「マチュ・ピチュの歴史保護区」

世界遺産「マチュ・ピチュの歴史保護区」



ペルーのページはこちらから ...




豆知識  
 マチュ・ピチュの歴史保護区の解説

 遺産名: マチュ・ピチュの歴史保護区
 英語表記: Historic Sanctuary of Machu Picchu
 国 名: ペルー
 分 類: 複合遺産
 登録年: 1983年

 特色:
マチュ・ピチュは、ペルーのウルバンバ谷に沿う高い山の尾根に位置するインカの遺跡です。「マチュ・ピチュ」はケチュア語で「老いた峰」を意味します。

アンデス山中、2400メートルの断崖の上にこつ然と現れるマチュピチュは、「謎の空中都市」「インカの失われた都市」と呼ばれてきました。インカの人々は高度な文明を築きながらもついに文字をもたなかったため、ここに都市が築かれた理由、残された建造物の意味など、未だに解明されていない多くの謎がある遺跡でもあるのです。

この場所に都市が築かれた理由を、人はさまざまに推測してきました。
アメリカの歴史家、ハイラム・ビンガム(インディ・ジョーンズのモデルとなったとも言われる)が1911年にこの遺跡を発見して以降、マチュ・ピチュが要塞であったとか、太陽を崇める神官たちが統治したとか、あるいは太陽の処女たちが生贄にされたといった定説が形成されていきました。

しかし、最新の研究結果から、出土した人骨や品物から戦いの形跡は見られず、人々は平和で健康的な暮らしを送っていたことが明らかになりました。

また、マチュピチュを建設したのは、15世紀のインカ帝国で絶大な力を持っていた皇帝パチャクテク(Pachacuti)であることがわかっています。遺跡の要所には、最高神である太陽の位置を観測する装置が設置されています。神殿も太陽の動きを知る造りになっています。周囲の山々も神聖なる場であり、マチュピチュからは山の頂きが全て見渡せるようになっています。これらのことからマチュピチュは、皇帝が太陽から暦を作り、太陽に祈りを捧げる儀礼の場であったと考えられるようになりました。インカ帝国が神聖な場所に特別に築いた宗教都市、それがマチュピチュだったのです。


マチュ・ピチュの歴史保護区 世界文化遺産の本 DVD

マチュ・ピチュの歴史保護区

マチュピチュ
写真でわかる謎への旅
マチュ・ピチュの歴史保護区

世界遺産
マチュピチュ完全ガイド
マチュ・ピチュの歴史保護区

カラー版
マチュピチュ―天空の聖殿
中公新書
マチュ・ピチュの歴史保護区


マチュ・ピチュの歴史保護区 | 旅の予約  
 交通案内・行き方ガイド
       
・ 日本(成田)からロサンゼルスまで飛行機で約10時間。
・ ロサンゼルスからペルーの首都リマまで、飛行機で約8時間。
・ リマからクスコまで飛行機(国内線)を利用して約1時間。
・ クスコからアグアス・カリエンテス駅まで鉄道で約4時間。
・ アグアス・カリエンテス駅からマチュピチュ入口までバスで約30分。
 


スマートWEB  
 関連サイト

マチュ・ピチュの歴史保護区 - ペルー
   
・  マチュ・ピチュの歴史保護区 - Wikipedia の解説。

-------------------------------------

【 スマートWEB リンク 】 →  登録の受け付けはこちらから ←



マチュ・ピチュ (英語)