コンポラ

トンガ




大きな地図で見る



豆知識  
 国旗の由来&国のプロフィール

トンガ
国旗の由来
1970年の独立時に制定された国旗。
カントンの十字はキリスト教国であることを、白は純潔を、赤は聖なるキリストの血を表す。
       
 国名: トンガ王国

 国名(英語表記): Kingdom of Tonga

 首都: ヌクアロファ

 人口: 10万2,000人

 言語: 英語、トンガ語(以上公用語)

 民族: トンガ人(ポリネシア系)がほとんど

 宗教: キリスト教(メソジスト派が最も多い)

 通貨: パ・アンガ(T$)

 面積: 約700平方km(琵琶湖と同じくらい)
   国の特色:

サモア諸島の南方にあって、珊瑚礁・火山島からなる島群。
17世紀にオランダ人が来訪。その後、1845年に統一王国が築かれたが、1900年よりイギリスの保護領となる。1970年、英連邦内の立憲君主国として独立。王権が未だに強く、すべての国土が国王のもの。コプラ、バナナなどを産する農業国。

 もっと詳しく:

ウィキペディア
外務省各国インデックス:トンガ王国

スマートWEB  
 トンガの関連サイト

トンガ
   
・  トンガのエコ自然環境・活動 - 王国の黄昏、新旧2つの価値観が交錯するトンガ。
・  What's Tonga? - トンガの昔話など。
・  在トンガ日本国大使館
・  外務省・海外安全ホームページ - トンガ(感染症関連情報、治安情勢、危険情報)。

-------------------------------------

【 スマートWEB リンク 】 →  登録の受け付けはこちらから ←
コンポラ百貨店




トンガの伝統音楽とダンス