コンポラ

マリ




大きな地図で見る



豆知識  
 国旗の由来&国のプロフィール

マリ 国旗の由来
緑は農業、黄色は天然資源、そして純潔、赤は独立のために流された血、そして勇気を表す。
当初は中央に踊る古代アフリカ人が描かれていたが、偶像崇拝を教義で禁じられているイスラム教徒の要求で取り除かれた。
       
 国名: マリ共和国

 国名(英語表記): Republic of Mali

 首都: バマコ

 人口: 1,340.9万人

 言語: フランス語(公用語)、バンバラ語、フルフルデ語、ソンガイ語、タマシュク語

 民族: バンバラ族25%、フラニ族11%、セヌフォ族10%、ソニンケ族7%、トゥアレグ族6%

 宗教: イスラム教65%、伝統宗教30%、キリスト教5%

 通貨: CFAフラン

 面積: 124万平方km(日本の約3.3倍)
   国の特色:

旧フランス領スーダンの内陸国、11世紀にマリ帝国が栄え、イスラム文化が開花した。16世紀末からモロッコの支配を受け、19世紀末、フランスの植民地となる。セネガルとともにマリ連邦を結成し、1960年に独立したが、同年、セネガルが分離し、マリ共和国として単独で独立した。

 もっと詳しく:

ウィキペディア
外務省各国インデックス:マリ共和国




マリの結婚式パーティー 音楽と踊り





スマートWEB  
 マリの関連サイト

マリ
   
・  TBS 世界遺産 - ジェンネ旧市街1 文化遺産 / 登録年1988。
・  TBS 世界遺産 - ジェンネ旧市街2。
・  TBS 世界遺産 - トンブクトゥ 文化遺産 / 登録年1988。
・  TBS 世界遺産 - バンディアガラの断崖(ドゴン人の集落) 複合遺産 / 登録年1989。
・  NHK 世界遺産ライブラリー - バンジャガラの断崖 。
・  malitour - マリ共和国旅行情報。
・  在マリ日本大使館・総領事館
・  駐日マリ大使館 - 国のプロフィール、ビザ取得情報など。
・  外務省・海外安全ホームページ - マリ(感染症関連情報、治安情勢、危険情報)。

-------------------------------------

【 スマートWEB リンク 】 →  登録の受け付けはこちらから ←
コンポラ百貨店




マリの伝統文化