コンポラ

リトアニア




大きな地図で見る



豆知識  
 国旗の由来&国のプロフィール

リトアニア 国旗の由来
1940年ソ連邦加盟によって一旦廃止された旧国旗であるが、旧ソ連崩壊により1988年に再び国旗として復活したもの。
黄色は太陽・光・幸福を、緑は国土・希望・喜びを、赤は大地・活力・国民の勇気などを表すとされる。
       
 国名: リトアニア共和国

 国名(英語表記): Republic of Lithuania

 首都: ビリニュス

 人口: 343万人

 言語: リトアニア語(公用語)、ロシア語

 民族: リトアニア人79.6%、ロシア人9.4%、ポーランド人7.0%

 宗教: カトリックが主流

 通貨: リタス

 面積: 6万5千平方km(北海道の約8割)
   国の特色:

丘陵地からなり湖がちらばる美しい国。
13世紀にリトアニア大公国を形成、東欧一の大国となる。その後、ポーランドと連合したが、18世紀末に、ロシア領。ロシア革命後、独立したが、1940年、ソ連軍が侵入し、ソ連邦へ編入された。旧ソ連のゴルバチョフ政権が「改革」を掲げたことで、民主化・自立の要求が高まり、1990年、独立を宣言。旧ソ連は武力介入したが、結局、独立を承認した。
重化学工業・造船業が盛ん、古くから琥珀の産地として有名。

 もっと詳しく:

ウィキペディア
外務省各国インデックス:リトアニア共和国




スマートWEB  
 リトアニアの関連サイト

リトアニア
   
・  TBS 世界遺産 - ヴィルニュス歴史地区 文化遺産 / 登録年1994。
・  NHK 世界遺産ライブラリー - ビリニュス歴史地区1。
・  NHK 世界遺産ライブラリー - ビリニュス歴史地区2。
・  NHK 世界遺産ライブラリー - ケルナヴェ遺跡 文化遺産 / 登録年2004。
・  TBS 世界遺産 - クルシュー砂州(リトアニア、ロシア) 文化遺産 / 登録年2000。
・  リトアニア杉原記念館 - 杉浦千畝(ちうね)氏の足跡、活動紹介。
・  Baltic.Net.jp - バルト3国(ラトビア、エストニア、リトアニア)の情報発信サイト。
・  在リトアニア日本大使館・総領事館
・  駐日リトアニア大使館
・  外務省・海外安全ホームページ - リトアニア(感染症関連情報、治安情勢、危険情報)。
コンポラ百貨店




Japanese Holocaust Rescuer: Sugihara 'Sempo' Chiune 杉原千畝