コンポラ

イラク




大きな地図で見る



豆知識  
 国旗の由来&国のプロフィール

イラク 国旗の由来
赤色は勇気を、白色は寛容を、緑色はイスラム教を、黒色はイスラム教の伝統と栄光を象徴し、星は近隣国との友好を表わす。 湾岸戦争において聖戦色を演出するために、フセイン政権時代には中央の星の間に「アッラー・アクバル(アラーの神は偉大なり)」の文字が書き加えられていたが、イラク戦争終結後、以前のデザインに戻された。
       
 国名: イラク共和国

 国名(英語表記): Republic of Iraq

 首都: バグダッド

 人口: 2,710万人

 言語: アラビア語(公用語)、クルド語、トルコ語

 民族: アラブ人79%、クルド人16%、ペルシャ系3%、トルコ系2%

 宗教: イスラム教95%(シーア派61.2%、スン二派33.9%)、キリスト教3.7%

 通貨: イラク・ディナール

 面積: 44万平方km(日本の約1.2倍)
   国の特色:

西南アジア、チグリス・ユーフラテス両河の流域に位置する。古代文明の発祥地。アッバース朝の本拠地で、イスラム文化の中心のひとつ。
第一次大戦後イギリスの委任統治領、1932年独立。
2003年3月20日 米ブッシュ大統領は、英軍と共同でイラクへ進攻。圧倒的な軍事力により、 21日後の4月9日首都バグダッドを攻略した。米イラク進攻にあたっては国連との協調を図ったが、国連常任理事国であるフランス、ロシア、中国などが反対し、米英のみの進攻となった。米のイラク進攻は大量破壊兵器(核、毒ガス、生物兵器など)に対する国連査察に応じないことが直接的な原因であるが、2001年9月11日米国に対する同時多発テロの後に、ブッシュ大統領がイラン、北朝鮮などともにテロリストを支援しているイラクを「悪の枢軸」と呼んだときから方向づけられていたと言ってもよいだろう。
この攻撃と占領により、1979年以降続いたフセイン政権は崩壊した。

 もっと詳しく:

ウィキペディア
外務省各国インデックス:イラク共和国


スマートWEB  
 イラクの関連サイト

イラク
   
・  イラクの世界遺産 - ハトラの遺跡の画像。
・  NHK 世界遺産ライブラリー - ハトラ 文化遺産 / 登録年1985 。
・  NHK 世界遺産ライブラリー - アッシュール(カラット・シェルカット) 文化遺産 / 登録年2003 / 危機遺産 。
・  イラク・ホープ・ダイアリー - リアルタイムでイラクの今をお知らせする為の公開日記。
・  イラク共和国大使館
・  在イラク日本国大使館
・  外務省・海外安全ホームページ - イラク(感染症関連情報、治安情勢、危険情報)。

-------------------------------------

【 スマートWEB リンク 】 →  登録の受け付けはこちらから ←
コンポラ百貨店




イラク ソング