コンポラ

ギニアビサウ




大きな地図で見る



豆知識  
 国旗の由来&国のプロフィール

ギニアビサウ 国旗の由来
アフリカの色(緑・黄・赤)をとり入れている。
黄は北部のサバンナ地帯を、緑は南部の森林地帯を、赤は首都ビサウがある沿岸地帯を表している。
黒い星はアフリカの自由のシンボル。
       
 国名: ギニアビサウ共和国

 国名(英語表記): Republic of Guinea-Bissau

 首都: ビサウ(Bissau)

 人口: 125.6万人

 言語: ポルトガル語(公用語)、バランテ語、フラニ語

 民族: バランテ族31.4%、フラニ族21.3%、マンジェルス族14.1%、マリンケ族10.6%

 宗教: 伝統宗教62%、イスラム教34%、キリスト教

 通貨: CFAフラン

 面積: 3万6千平方km(九州とほぼ同じ)
   国の特色:

15世紀にポルトガル人が来航。17〜18世紀は奴隷貿易の中継地であった。
その後ポルトガルの植民地となり、1951年、海外県となる。独立運動が活発化し、本国での政変を機に、1974年独立。
カーボベルデとの統合を主張した政権がクーデターで倒され、社会主義経済路線をとったが、その後市場経済に転換した。

 もっと詳しく:

ウィキペディア
外務省各国インデックス:ギニアビサウ共和国




ギニアビサウ





スマートWEB  
 ギニアビサウの関連サイト

ギニアビサウ
   
・  在ギニアビサウ日本大使館・総領事館
・  外務省・海外安全ホームページ - ギニアビサウ(感染症関連情報、治安情勢、危険情報)。

-------------------------------------

【 スマートWEB リンク 】 →  登録の受け付けはこちらから ←
コンポラ百貨店




ギニアビサウの音楽とイメージ