コンポラ

ガンビア




大きな地図で見る



豆知識  
 国旗の由来&国のプロフィール

ガンビア 国旗の由来
上段の赤は太陽の恵みを、中央の青は国土を貫くガンビア川を、下段の緑は実り豊かな農業を表わす。
境い目の2本の白い線は川沿いの幹線道路を意味すると同時に、国民の団結と平和を象徴する。
       
 国名: ガンビア共和国

 国名(英語表記): Republic of The Gambia

 首都: バンジュール(Banjul)

 人口: 130.3万人

 言語: 英語(公用語)、マンディンゴ語、ウォロフ語等

 民族: マンディンゴ族40%、フラ族14%、ウォロフ族13%、ジョラ族7%、セラフリ族6%

 宗教: イスラム教85%、キリスト教10%、伝統宗教

 通貨: ダラシ

 面積: 1万1千平方km(四国の約6割)
   国の特色:

アフリカ西岸、ガンビア川下流に位置する。
15世紀にポルトガルが進出。その後、イギリス、フランスが争い18世紀末にイギリスの支配が確立し奴隷貿易の拠点となる。1965年独立。1982年にセネガルとセネガンビア連邦を結成したが、1989年に解体。
落花生の栽培が盛ん。日本への魚介類の輸出も行っている。
小説「ルーツ」のモデル国。

 もっと詳しく:

ウィキペディア
外務省各国インデックス:ガンビア共和国




ガンビア





食  
 ガンビアの料理、食材、レシピ
   
・  ガンビアの家庭料理 - ドモダ (カレーによく似ていますが、カレーほどスパイシーではありません)。

スマートWEB  
 ガンビアの関連サイト

ガンビア
   
・  在ガンビア日本大使館・総領事館
・  外務省・海外安全ホームページ - ガンビア(感染症関連情報、治安情勢、危険情報)。

-------------------------------------

【 スマートWEB リンク 】 →  登録の受け付けはこちらから ←
コンポラ百貨店




ガンビアの音楽と踊り・結婚式