コンポラ

エリトリア




大きな地図で見る



豆知識  
 国旗の由来&国のプロフィール

エリトリア 国旗の由来
緑は豊かな農業の恵みを、青は紅海を、赤は独立の闘争で流された尊い血を象徴する。
旗竿側の中央部にエチオピア・エリトリア連合旗で用いられた円形のオリーブの枝が黄色で描かれていて、30年にも及ぶ独立闘争の勝利と未来の明るい希望を表わす。
       
 国名: エリトリア国

 国名(英語表記): State of Eritrea

 首都: アスマラ

 人口: 420万人

 言語: ティグリニャ語、アラビア語、諸民族語

 民族: ティグリニャ族

 宗教: イスラム教50%、キリスト教コプト派50%

 通貨: ナクファ(Nakfa)

 面積: 10万1千平方km(北海道の約1.2倍)
   国の特色:

エチオピア北部に位置し紅海に接する。
1882年イタリア植民地となり、イタリア語の紅海(エリトレオ)にちなみ命名された。第二次世界大戦後、エチオピアと連邦を結成したが、1962年エチオピアにより併合。
以来、独立闘争が展開され1993年独立。多くの犠牲者、難民を流出した。

 もっと詳しく:

ウィキペディア
外務省各国インデックス:エリトリア国




エリトリア





スマートWEB  
 エリトリアの関連サイト

エリトリア
   
・  在エリトリア日本大使館・総領事館
・  駐日エリトリア大使館
・  外務省・海外安全ホームページ - エリトリア(感染症関連情報、治安情勢、危険情報)。

-------------------------------------

【 スマートWEB リンク 】 →  登録の受け付けはこちらから ←
コンポラ百貨店




エリトリアの音楽と踊り