コンポラ

コンゴ共和国




大きな地図で見る



豆知識  
 国旗の由来&国のプロフィール

コンゴ共和国 国旗の由来
1991年に、コンゴ人民共和国からコンゴ共和国に国名を戻した際、旗もコンゴ共和国時代(1960〜1969)のものに戻された。
緑色は未来への希望、黄色は誠実さと誇り、赤色は熱意を表わす。
       
 国名: コンゴ共和国

 国名(英語表記): Republic of Congo

 首都: ブラザヴィル

 人口: 284.6万人

 言語: フランス語(公用語)、キコクゴ語、リンガラ語

 民族: コンゴ族45%、テケ族20%、ブバンギ族16%、ガボン族15%

 宗教: 伝統宗教50%以上、カトリック30%、イスラム教

 通貨: CFAフラン

 面積: 34万平方km(日本の約9割)
   国の特色:

13〜15世紀、コンゴ王国が栄える。15世紀末、ポルトガル人が来航し奴隷貿易を盛んに行った。
その後フランス人が進出し、1910年にフランス領赤道アフリカの一部となった。1960年に独立。1969年に社会主義路線をとりコンゴ人民共和国となった。1991年に国名をコンゴ共和国に戻し、複数政党制を導入した。

 もっと詳しく:

ウィキペディア
外務省各国インデックス:コンゴ共和国




北コンゴ共和国のゴリラたち





スマートWEB  
 コンゴ共和国の関連サイト

コンゴ共和国
   
・  在コンゴ日本大使館・総領事館
・  外務省・海外安全ホームページ - コンゴ共和国(感染症関連情報、治安情勢、危険情報)。

-------------------------------------

【 スマートWEB リンク 】 →  登録の受け付けはこちらから ←
コンポラ百貨店




コンゴ共和国の音楽と踊り