コンポラ

ボスニア・ヘルツェゴビナ




大きな地図で見る



豆知識  
 国旗の由来&国のプロフィール

ボスニア・ヘルツェゴビナ 国旗の由来
1998年2月に変更され、現在のものとなる。青い地色に星を配置した新しい図案は、EUの旗に似ているが、これはボスニアがEU加盟を希望していることが象徴されている。黄色の3角形は国の形を表し、3辺はこの国の主な構成民族であるムスリム、セルビア、クロアチアの3民族を表しているともいわれる。1998年長野オリンピックの開会式で初登場した。
       
 国名: ボスニア・ヘルツェゴビナ

 国名(英語表記): Bosnia and Herzegovina

 首都: サラエヴォ

 人口: 438万人

 言語: ボスニア語、セルビア語、クロアチア語

 民族: ムスリム人43.7%、セルビア人31.3%、クロアチア人17.3%

 宗教: イスラム教、東方正教(セルビア正教)、カトリック

 通貨: 国内統一通貨(兌換マルク)

 面積: 5万1千平方km(九州の約1.4倍)
   国の特色:

7世紀以降スラブ人が居住したが、15世紀にオスマントルコが進出し、多くの住民がイスラム教に改宗した。1908年、オーストリアに併合。第一次世界大戦後、セルビア=クロアチア=スロベニア連合王国の一部となり、第二次大戦後は、ユーゴスラビア連邦共和国の構成国となった。
連邦の崩壊によって、1992年、独立を宣言したが、複雑な民族構成から内戦状態となった。

 もっと詳しく:

ウィキペディア
外務省各国インデックス:ボスニア・ヘルツェゴビナ

食  
 フランスの料理、食材、レシピ
   
・  ボスニア・ヘルツェゴビナの家庭料理 - サラエボスープ、ムサカ。

スマートWEB  
 ボスニア・ヘルツェゴビナの関連サイト

ボスニア・ヘルツェゴビナ
   
・  TBS 世界遺産 - モスタル旧市街の古橋地区 文化遺産 / 登録年2005。
・  ボスニア・ヘルツェゴビナ観光情報 - 在ボスニア・ヘルツェゴビナ日本国大使館サイト内。
・  ボスニア・ヘルツェゴビナ観光局(英語) - サラエボや各地の観光情報。
・  在ボスニア・ヘルツェゴビナ日本大使館・総領事館
・  外務省・海外安全ホームページ - ボスニア・ヘルツェゴビナ(感染症関連情報、治安情勢、危険情報)。
コンポラ百貨店