コンポラ

チベット




大きな地図で見る



豆知識  
 国旗の由来&国のプロフィール

チベット 国旗の由来
中央の白い三角形は雪山を表し、「雪山に囲まれた地」として知られるチベットの国を象徴。赤と濃い青の光線はチベットの2つの守護神を表し、太陽は、チベットの民が自由を平等に享受し、精神的、世俗的な繁栄を手にすることを象徴している。
1対のスノー・ライオンが支えている3つの輝く宝石は、チベットの民にとっての精神的な拠り所、すなわちブッダ、その教えである法(ダルマ)、そして僧侶たちである。黄色の縁取りは、仏教がすべての場所で永遠に栄えることを象徴している。
       
 国名: チベット 及び 中央チベット行政府(チベット亡命政府)

 国名(英語表記): Tibet or Central Tibetan Administration

 首都: ラサ 及び ダラムサラ(チベット亡命政府)

 人口: チベットに600万人。209万人はチベット自治区に住んでいる。 その他はチベット自治区以外のチベット人地区に住んでいる。(インド、ネパール、ブータンの難民の数は、亡命中に生まれた者を含めて合計13万人以上)

 言語: チベット語、中国語

 民族: チベット人、中国人

 宗教: チベット仏教

 通貨: 人民元 及び インド・ルピー(チベット亡命政府)

 面積: ウ・ツァン、カム、アムド地方を含む250万平方キロメートル。
ウ・ツァン地方とカム地方のほんの一部から成る「チベット自治区」は120万平方キロメートル
   国の特色:

1642年、ダライ・ラマ5世はそれまで分裂していたチベットをまとめ、聖俗両界の最高権力者となった。1951年、中国共産党軍がラサに到着しチベット人民に対する制圧が始まった。1959年に・ラサでチベット蜂起開始、ダライ・ラマとともに8万人のチベット人がインド亡命し、現在はチベット亡命政府として十数万人からなるチベット難民組織の頂点に位置する。1989年、ダライ・ラマにノーベル平和賞授与が決定。チベットがパンチェン・ラマ10世の転生者と認定したニマ少年は、中国によって連行され、今現在も所在は不明となっている。

 もっと詳しく:

ウィキペディア


食  
 チベットの料理、食材、レシピ
   
・  チベットの家庭料理 - チベット風餃子、チベット風ラムカレー、バターチキン、チベット風チキンカレー、チベット風チリソース。

スマートWEB  
 チベットの関連サイト

チベット
   
・  アムネスティ・インターナショル日本 チベット・チーム - チベットのニュースや、活動内容の紹介。
・  I Love TIBET! - チベット旅行の基礎知識、チベット問題入門、文化の紹介、チベットを知るための入口となるサイト。
・  オカメインコの森 - 石濱裕美子氏がヒマラヤに抱かれたチベット文化の諸相を紹介する、アカデミックなサイト。
・  ちゅんちゅんタンカ・カフェ - 伝統的なチベット仏画、タンカを紹介するサイト。
・  チベットサポートグループ KIKU - チベット子供村(TCV)の里親募集などの支援活動。
・  Tibet's Great Prayer Festival - チベットで行われるモンラム大祭の様子。
・  バイマーヤンジンのホームページ - チベット、アムド地方出身の歌手。チベットの学校建設活動も。
コンポラ百貨店




1980年代のラサ





チベット 2009





チベット 建築





チベット法王ダライ・ラマ14世・24歳の決断1/2





チベット法王ダライ・ラマ14世・24歳の決断2/2





チベットの伝統文化